疾病給付と傷害補償のどちらを優先するか

飼っているペットの種類により、疾病給付と傷害補償のどちらを優先するかが決まります。犬によっては犬種により違いが出ますが、猫の場合には外に出すケースが有る場合には損害賠償責任を覚悟しておかなければなりません。亀や魚の場合にはまた事情が異なるでしょう。ペット保険の商品には、疾病給付を重視するタイプと傷害補償を充実させた商品と、各保険会社により得意分野が分かれます。必要な給付をしっかりと掛けておくことが何より大切です。

疾病給付には免責金額が多いと使いにくい

疾病給付の補償割合には、50%プランだけでなく人気が高い70%補償プランもあります。保険会社の中には窓口負担金額を自己負担分のみで良いとする、即時保険金請求が行える動物病院ならば負担感が軽減されるでしょう。中には90%補償というペット保険もありますが、免責金額が1万円近くに設定されていることも珍しくありません。免責金額を超えない限りは保険金請求をしても支払われることはなく、保険会社が儲かる仕組みとも言えるわけです。

思い切って動物病院の獣医に聞いてしまう手も

ペット保険選びに迷った際には、候補を2つ程度に絞った上で獣医へ相談してみることも大切でしょう。かかりつけ医となっている動物病院ならば、提携しているペット保険を教えてもらえるので、保険証を提示して手軽に利用しやすい環境になります。ペット保険の月間または年間利用回数は制限されているので、1回の診察である程度しっかりとした治療を行ってもらわないと困るわけです。補償給付を受けられる回数を逆算して考えて利用すれば、いざという時にペットを連れて行けるだけの利用回数に抑えられるでしょう。

ペット保険の保険料はどれくらいなのでしょうか。負担のない掛け金でしっかりした保障がある商品を選びましょう。