貴重品でも毎日使う事がおすすめです

プレゼントをしてもらった機械式時計が貴重品だからといって、滅多に時計を使わないでいるよりも、毎日使った方が時計の動きは良くなりやすいです。機械式時計の場合は毎日動いていた方が、オイルがなじみやすくなってくれるので、動きの悪化を防ぐ事ができます。3ヶ月から4ヶ月ほど時計を使わないまま放置していると、オイルが凝固してしまう可能性もあるので注意をしましょう。貴重品であっても、たまには棚の中から出して時計を使うように意識してくださいね。

日付が変わるタイミングで故障だと思い込まない

機械式時計の手入れに力を入れている方々の中には、カレンダーの日付が変わるタイミングが少しおかしいだけでも、故障だと勘違いしてしまう人もいます。もし夜中の0時ぴったりにカレンダーの日付が変わらなくても、故障だと勘違いせずに10分ほどは待機するようにしてください。23時や23時30分ぐらいから、徐々に日付が変化していく機械式時計が多いので、日付の変わるタイミングにズレがあっても故障ではありません。10分以上もズレが起きるようであれば、オイルの入れ替えなどを考えましょう。

定期的に日付合わせをするのは危険です

日付が変わるタイミングが少しでもズレてしまうのが嫌で、定期的に歯車を動かして日付を調節していると、その行為が機械式時計の寿命を縮める可能性もあります。時計の内部にある歯車というのは、ゆっくりと動くように設計されているために、毎日のように激しく歯車を動かしてはいけません。さっさと日付調整を行ってしまおうと、激しく歯車を動かしたせいで一部が損傷してしまう可能性もあります。一ヶ月に一度程度の調整でもカレンダーは正確に機能してくれるので安心してくださいね。

ウブロ(HUBLOT)とはスイスの高級腕時計メーカーで日本人でも愛用者が多く特にプロ野球選手に使用者が多いメーカーです。