桃の節句と和菓子の関係

桃の節句は女の子が主役の日です。家の中にひな人形を飾り、ひな祭りにちなんだお菓子を食べて過ごしますよね。伝統的なものだと桜餅やひなあられ、菱餅などがあります。特に桜餅やひなあられはコンビニやスーパーなどでも買うことができますから、身近ですよね。最近は和菓子屋さんでオリジナルのおしゃれなひな菓子を目玉商品として作るケースが増えていますから、これからのひな菓子の在り方にも変化が現れるのかもしれませんね。

ポピュラーなひなあられ

小さくて可愛らしいひなあられは、サクサクとして美味しいですよね。一回袋を開封してしまったら、もう袋が空になるまで止まらなくなってしまう!という経験をした人もいるんじゃないでしょうか。そんな美味しいひなあられですが、味のバリエーションごとにメーカーごとの違いは多少はあっても、あられの色は基本的に固定化していますよね。大体ピンクとグリーン、それからホワイトの三色になっています。他に黄色などを加えて四季を表しているんですよ。

菱餅の由来と色の意味って?

ひな人形の飾りとしても知られている菱餅は、生命力が非常に強い菱が由来の縁起物でもあります。色にも意味がきちんとあって、ピンクは健康に過ごせるようにという祈りと、桃の節句にちなんで桃を意味しています。グリーンは穢れを遠ざける若草ですし、ホワイトは清らかさとまだ残っている雪をイメージしています。着色用に使う植物にも健康にいい効果があるんですよ。ちなみにひなあられは飾り用の菱餅を材料として作られたのが起源という説があります。

ずんだ餅は、東北地方で夏に食べられる郷土菓子です。ずんだとは、すりつぶした枝豆で作る薄緑色の餡。それをつきたてのお餅に絡めて作ります。